ページの先頭です
メニューの終端です。

平成25年度企画展「江戸時代の須賀」開催されました

[2016年11月28日]

ID:3531

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成25年度企画展「江戸時代の須賀」開催されました

宮代町郷土資料館では平成26年5月11日まで企画展「江戸時代の須賀」を開催しています。
江戸時代の須賀村は現在の大字須賀だけではなく、学園台1~3丁目、本田1・2・4・5丁目、百間1丁目の一部も範囲でした。行政区でいうと須賀上、須賀下、金剛寺、須賀島、学園台、辰新田にあたります。
今回の企画展は、江戸時代の須賀村について須賀村の歴史や名主の変遷、村内の組分け、神社や寺院、須賀村内の出来事などについて詳しく説明しています。また、明治時代初頭の地籍図から当時の集落を復元したパネルも展示しています。
この他には江戸時代以前の須賀として縄文時代の遺跡から出土した土器や古墳時代の土師器も展示しています。また、桃山時代から江戸時代初頭にかけて須賀村を支配した旗本服部氏の陣屋(百間陣屋)から出土した遺物も展示しています。
鎌倉街道についてはルート図や航空写真も展示しました。また、鎌倉街道跡から出土した陶磁器も展示しています。

展示風景 その1

展示風景 その2

展示風景 その3

展示風景 その4

須賀村を支配した旗本服部氏陣屋から出土した遺物

元和5年須賀村検地帳

鎌倉街道ルート図と航空写真

須賀村絵図

須賀村領主別図

須賀村の集落(須賀宿、須賀島、金剛寺、辰新田)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?