ページの先頭です
メニューの終端です。

平成23年度巡回展「わがまちの宝物2」開催 2月26日(日)まで

[2016年11月28日]

ID:3525

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

わがまちの宝物2」開催中

岩槻城惣構絵図
宮代町郷土資料館では、埼玉県東部地区15市町のイチオシ指定文化財が展示されています。宮代町からは北条氏房判物写や江戸時代中期の岩槻城惣構絵図などたくさんのお宝が展示されています。展示物には、「太田資正」「北条康成(氏繁)」「北条氏房」など戦国時代ファンなら誰もが知っている武将の名前が登場。また、岩槻城惣構絵図には、宅地化によって遺構が消滅している本丸のほか、城下をとりまく惣構や堀、土塁や城門などが詳細に記されています。これらの展示物を見たら、岩槻城址公園を見学したことがある人も、きっとまた、長屋門を見たり空堀の深さや曲輪の折れを体感したくなりますよ。歴史好きな方はもちろんのこと、骨董など古いものに興味がある方も楽しめる企画展となっています。ぜひ、宮代町郷土資料館に足をお運びください。
企画展「わがまちの宝物2」の開催期間は、2月26日(日)まで。
企画展入口
本郷貝塚出土縄文土器
百間村絵図(180度回転)埴輪
埴輪
折原家文書
太田資正判物写など
上新郷西新田の隠居獅子頭

「齋藤甲馬と宮代~世界のどこにもないまちみやしろを創る~」 電脳みやしろ歴史書店で絶賛発売中!

電脳みやしろ 歴史書店バナー
町のシンボル「進修館」「笠原小学校」を手がけ、「給食なし、部課長なし、低層のまち、自立型のまち」等々の独自行政を進めた宮代町初代町長 齋藤甲馬と宮代町のこれまでの歩みを知ることができる一冊です。
なお、その販売代金はふるさと納税制度を通じ、宮代の歴史文化を後世に伝える事業に役立てていきます。
阿弥陀如来坐像

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?