ページの先頭です
メニューの終端です。

平成15年度特別展「英文学者 島村盛助」開催

[2016年11月26日]

ID:3499

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成15年度特別展「英文学者 島村盛助」開催

平成15年度 特別展「英文学者 島村盛助」が開催中です。
宮代町出身の英文学者である氏の作品が収録された「ホトトギス」、「赤い鳥」などの文芸誌のほか、氏と親交のあった夏目漱石や北原白秋、高村光太郎からのはがきなど数多くの品々を展示していますので是非お越しください。
英文学者 島村盛助氏の肖像写真

島村盛助(しまむら もりすけ)

島村盛助氏は、明治17年8月9日、百間村(現・宮代町)で生まれました。
夏目漱石の門下生でもある氏は、岩波書店初の語学辞典であった「岩波英和辞典」の編さん者の一人としても知られています。
東京帝国大学(現・東京大学)の英文科を卒業した氏は、旧制山形高等学校(現・山形大学)で教鞭をとりながらいくつかの作品の翻訳を行なう英文学者としても活動していました。また、自らの作品としていくつもの小説を「ホトトギス」、「帝国文学」、「読売新聞」などに発表したり、同僚とともに俳諧連歌集を作るなど、文筆家としての活動も行ないました。氏が手がけた翻訳は、言葉の的確さと美しさにその特徴を見出すことができると言われています。

開催期間

平成15年11月1日(土)~12月21日(日) 午前9時30分~16時30分

休館日

11月4日(火)、10日(月)、17日(月)、25日(火)、12月1日(月)、8日(月)、15日(月)

好評のため、開催期間を二週間延長しました。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?