ページの先頭です
メニューの終端です。

平成12年度小展示「1,700年前の土器~宿源太山遺跡」~宮代町初の弥生式土器に繋がる系譜の土師器

[2016年11月26日]

ID:3487

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

1,700年前の土器、今日から展示

古墳時代初頭の土器
今年の5月に宮代町で初めて発見された古墳時代初頭の土器が、今日から郷土資料館で展示されています。この土器は字山崎の宿・源太山遺跡で発見されたもので、郷土資料館で復元作業を行い、このたび公開することになったもの。弥生時代の系譜を引く赤色顔料で朱色に塗られた土器を(画面を通してですが)じっくりとご覧ください。
  • 郷土資料館2001年7月25日記事

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?