ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度 特別展関連 粕壁宿歴史ウォークを開催

[2016年12月2日]

ID:3117

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成27年度 特別展関連 粕壁宿歴史ウォークを開催

12月13日(日)小雨の中、「歴史ウォーク~粕壁宿を歩く」が開催されました。20名を超える参加者はまず、春日部駅東口に集合し、宮代町郷土資料館学芸員の案内で、粕壁町役場跡や埼葛地方事務所跡を見学し春日部市郷土資料館に向かいました。

春日部市郷土資料館からは学芸員の榎本博先生の案内で、粕壁宿の模型の説明等を受け、宿場の東側の一宮で八坂神社を見学し、2代目脇本陣で5代目本陣であった高砂屋跡や4代目の本陣であった小沢家跡(群馬銀行)、2代目本陣であった関根助右衛門宅跡、西武百貨店付近にあった2代目問屋場跡などの説明を受けました。

宿場時代の建物も、宿場東側の新宿や三枚橋、新々田では少ないですが、中町や上町では多くの土蔵などが残っています。

埼玉りそな銀行の初代問屋場跡から3代目本陣見川喜蔵(安左衛門)宅跡を確認し、高札場跡から国登録文化財浜島家住宅土蔵を望み、寺町の成就院に向かいました。

成就院では粕壁宿の危機に尽力した見川喜蔵の墓が残ります。ここには見川喜蔵が私費で宿場の住民を助けたことなどが刻まれています。

最後に粕壁宿で最も大きな河岸場であった上喜蔵河岸跡を見学しました。僅かに当時の石垣が残っています。

粕壁宿は、北西側から八丁目村の「新町」、新町橋渡り粕壁宿に入ると「横町」、「寺町」、「上町」(上宿)、「中町」(中宿)、「新宿」(本町)、「三枚橋」、「新々田」と町場が連続していました。

最勝院や成就院、普門院のある寺町、埼玉りそな銀行や埼玉県信用金庫がある場所が上町、仲町郵便局や本陣跡の標柱がある場所が中町、碇神社や西武デパート、群馬銀行があるあたりは新宿、文化会館や市立図書館から筑波銀行あたりまでが三枚橋、それより東側の東陽寺や源徳寺のあるあたりが新々田です。

中町 田村本店前 土蔵と道しるべ

中町 店と蔵標柱 道路南側の仲町郵便局は
初代本陣関根次郎兵衛宅跡

上町 丸八酒店付近の土蔵

上町 初代問屋場付近から3代目の
本陣見川喜蔵(安左衛門)家宅跡を望む

上町 永島庄兵衛商店

上町 高札場跡から国登録文化財浜島家住宅を望む

寺町 成就院の見川喜蔵墓所

粕壁宿で最も大きな河岸場であった上喜蔵河岸跡。
僅かに石垣が残る

粕壁宿地割図「図録春日部の歴史」より

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?