ページの先頭です
メニューの終端です。

平成23年度 鎌倉街道沿いの文化財を見学-歴史ウォーク 

[2016年12月2日]

ID:3098

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成23年度 鎌倉街道沿いの文化財を見学-歴史ウォーク

平成24年3月24日、みやしろ歴史ウォーク~鎌倉街道を巡る~が開催されました。午前中は小雨が降っていましたが、開催時間には雨もやみ、絶好のウォーキング日和となりました。

13時30分に和戸駅から須賀小学校にむかい、粂原小学校から移植された萱の木やカエデの木を見学し、西粂原の宝光寺に行きました。その後、東粂原に残る鎌倉街道を歩き、途中、発掘調査で発見された鎌倉街道や中世粂原の宿場の説明を受けました。

その後、大聖院の粂原小学校の説明や鷲宮神社、真蔵院を訪ね、万願寺橋の所では高野の渡しの説明を受けました。その後、杉戸町に入り、古河公方足利義氏の兄弟である足利輝氏を祀った御所宮や全長寺、幸手一色氏の居館のあった荏柄天神社、永福寺、西行法師見返りの松、大島有隣の墓、東大寺、愛宕神社を見学しました。

和戸橋を渡り、宮代町に戻ってからは和戸教会や須賀村役場跡を見学し和戸駅へ戻りました。

合計7km、終了時間は5時15分と今までの歴史ウォークで最も長いウォークとなりました。

東粂原地内をウォーク

粂原小学校跡、大聖院

東粂原鷲宮神社

真蔵院 ここで鎌倉街道は二手に分かれる

御所宮 足利輝氏を祀る

全長寺

荏柄天満宮 幸手一色氏の居館跡

西行法師見返りの松

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?