ページの先頭です
メニューの終端です。

平成18年度 大学生が郷土資料館で学芸員実習

[2016年12月2日]

ID:3051

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成18年度 大学生が郷土資料館で学芸員実習

平成18年8月8日から24日にかけて、大学生が郷土資料館で学芸員実習を行いました。学芸員実習とは、教育実習と同じで、地域の資料館や博物館で実際の博物館活動の実習をするものです。2名の大学生は、勾玉作りや石臼粉引きなどの小学生対象の体験学習や、土器の拓本作業・実測作業、石膏による土器の復元作業、展示資料の梱包作業なども体験しました。この他、写真の撮影や現像・焼付けのように普段行えない業務を実践し貴重な体験をしたようでした。大学生からは、「資料館の裏方でこれほど多くの業務を行っていることに驚きました。実際の現場でなければ体験できないことばかりで本当に勉強になりました」と語っていました。

土器の注記作業

石膏を入れて土器を復元する

資料の梱包体験

写真の現像・焼付け作業

勾玉つくり教室講師補助

近隣の資料館見学(春日部市郷土資料館

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?