ページの先頭です
メニューの終端です。

平成17年度 貴重な文化財を火災から守る

[2016年12月2日]

ID:3029

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

貴重な文化財を火災から守る

宮代消防署員と宮代消防団による旧加藤家の周りでの放水訓練

1月26日、郷土資料館で防火訓練が行われました。この訓練は、貴重な文化財を火災から守る活動を推進するために定められた「文化財防火デー」(毎年1月26日)にちなんで行われたもので、資料館で行われるのは2回目です。

資料館敷地内の旧加藤家付近から出火したという想定で、約60名の宮代消防署員と宮代消防団員が消防車で到着。延焼拡大を防ぐための旧加藤家の周りでの放水や、傷病者の救助訓練が行われました。消防署員と消防団員のきびきびとした動きに、見学に来ていた方は感心しているようでした。

訓練に参加した消防署員の方は「町の貴重な文化財を守るための訓練です。このような訓練を通して、皆さんにも文化財を守るという意識を持っていただきたいですね」と話してくれました。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?