ページの先頭です
メニューの終端です。

弥勒院本堂建造物調査報告書

[2016年11月24日]

ID:2908

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

弥勒院本堂建造物調査報告書

弥勒院は西光院の末寺で、江戸時代前期の寛永14年(1637)に西光院四世が弥勒院住職から西光院の住職となったようですので、それより以前にあったことは明らかです。
建物は近年まで残っていましたが、破損が著しく修復が出来なかったため、平成26年頃解体撤去されました。この報告書は平成20年2月8日に行った建造物調査の成果を報告書として纏めたものです。

弥勒院建造物調査報告書(小)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?