ページの先頭です
メニューの終端です。

平成16年度 文化財保護委員会が開催されました

[2016年12月2日]

ID:2852

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成16年度 文化財保護委員会が開催されました

文化財保護委員会が開催

9月11日(土)、文化財保護委員会が開催されました。

文化財保護委員会は、町文化財保護条例で、町指定文化財の指定に関して同意を行う機関で、文化財の指定に関する調査や審議、また、町(郷土資料館)で行う文化財の保存、活用などの各種事業や課題について審議、提案を行います。

現在、識見者5名と公募委員2名の計7名の委員により構成されています。

今年度2回目となる今回の会議では、町指定文化財の候補物件等の視察を行いました。今後は、今回の視察の結果などを踏まえながら、文化財の新規指定に向けた審議を行っていきます。

視察先

視察町指定文化財の新規指定のための候補物件及び指定済み文化財(一部)

  • 指定候補:真蔵院(仁王門、円空仏、如来形立像)、姫宮神社(本殿)、五社神社(和鏡、句碑、俳額)、川島庚申塔群、古文書(岡安家文書、新井家文書、岩崎家文書)
  • 指定済み:宝生院の大イチョウ、五社神社本殿※県指定、西方院

定文化財候補

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?