ページの先頭です
メニューの終端です。

平成13年度冬至の火渡り

[2016年12月2日]

ID:2833

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

冬至の火渡りを体験

埼葛普寛講の皆さんによる祈祷
火渡りの様子

12月22日、冬至の火渡りバスツアーが行われました。これは、逆井地方に明治時代から伝わる民俗行事「冬至の火渡り」を多くの方に知ってもらい、見学の機会を広めようと行われたもの。ツアーに参加した20名は、まず、郷土資料館の会議室で冬至の火渡りの全容が収められたビデオを見て事前学習。その後、バスに乗って火渡りが行われる逆井地区に向かいました。一行は、まず、今年の当番の家で行われた、埼葛普寛講の皆さんによる祈祷を間近に見学。その後、田んぼの中に作られた会場に移り、火渡りを実際に体験しました。

日没の頃になると、ツアーの参加者のほかにも近所の人など総勢70人あまりが会場に集まり、二列の燃えさかる薪の間を渡ったあと、薪が燃えたあとの炭の上をはだしで渡り、無病息災を願いました。

「宮代町にもこのような伝統行事が伝えられていることを知って驚いています」「貴重な体験ができました。御利益にあやかって来年はいい年になりそうです。」と参加者が口々に話してくれました。

  • 郷土資料館2001年12月25日記事

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?