ページの先頭です
メニューの終端です。

宮代町史資料第10集「俳諧II」

[2016年11月20日]

ID:2176

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

分類

MUS-T-10

単価

1,500円

重さ

380グラム

郵送料

300円

郵送料込の価格

1,800円

ご注意

※上記は一冊の場合の郵送料です。複数の本をお申し込みの場合は、申し込み後に郵送料金を別途、お知らせします。
※直接郷土資料館にお越しいただく場合、郵送料はかかりません。

詳細

本書は、町史資料第5集「俳諧1」に続く俳諧の資料集で、町内にその中心があった多少庵の句集、及び埼玉県内の毛呂山・児玉往還沿いに勢力をもっていた春秋庵の句集についてまとめたものです。多少庵は松尾芭蕉の流れをくむ鈴木秋瓜によって延享年間に江戸に興されました。そして、天保八年に第4世島村鬼吉により江戸から当地へ移されました。一方、春秋庵は加舎白雄が安永9年に江戸に開いたもので、北武蔵一帯に定着した俳壇です。ともに開祖である鈴木秋瓜と加舎白雄は密接な関係がありました。
収録した句集は、「もとのミち」「古今俳諧明題集」「玉兎集」(以上、多少庵関係)「逸渕発句集」(春秋庵関係)です。
B5判 167ページ

本の購入について

この本の代金はふるさと納税(宮代町を応援する寄付制度)として、「宮代町まちづくり基金」に積み立てられ、宮代町の歴史資料の保存、伝承に役立てられます。

ご注文フォームの入力をお願いします。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?