ページの先頭です
メニューの終端です。

平成14年度特別展図録「和戸教会と日本の近代化を支えた人々」

[2016年11月21日]

ID:2057

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

詳細

平成14年度特別展図録「和戸教会と日本の近代化を支えた人々」

分類

MUS-S-10

単価

100円

重さ

60グラム

郵送料

140円

郵送料込の価格

240円

ご注意

※上記は一冊の場合の郵送料です。複数の本をお申し込みの場合は、申し込み後に郵送料金を別途、お知らせします。
※直接郷土資料館にお越しいただく場合、郵送料はかかりません。

詳細

黒船の来航をきっかけに開国を余儀なくされた日本は、諸外国とのかかわりのなかでさまざまな問題を抱えながらも、新しい文化や技術などを吸収し、大きな変化を遂げていきました。このような中、明治5年に蚕種紙の輸出のため開港地横浜に向かった小島九右衛門は、当時では西洋文化の最高水準ともいえる人々との関係を持つようになりました。そして、その結果、横浜から遠く離れた和戸の地に、埼玉県で最初のキリスト教会が設立されました。今回の特別展では、日本の近代化とともに和戸教会の設立に関わった人物たちの関係がどのようなものであったのかをテーマに展示を行いました。明治時代初期、近隣に先駆けて西洋文化を受容した郷土宮代の一端をご覧ください。
A4判 12ページ

本の購入について

この本の代金はふるさと納税(宮代町を応援する寄付制度)として、「宮代町まちづくり基金」に積み立てられ、宮代町の歴史資料の保存、伝承に役立てられます。

ご注文フォームの入力をお願いします。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?