ページの先頭です
メニューの終端です。

第23回 朗読劇「私たちと原爆」を上演しました!!

[2016年8月9日]

ID:1399

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平和の尊さを考える朗読劇「私たちと原爆 わすれてはならないあの日」

7月30日(土)、戦争の恐ろしさ、原爆の悲惨さ、そして平和の尊さを考える朗読劇「私たちと原爆 -わすれてはならないあの日-」が開催されました。

この朗読劇では、小学2年生から中学2年生までの児童・生徒8人が、原爆投下の日の人々の思いを来場した多くの方々に語り伝えました。

生徒による朗読劇の模様
生徒による朗読劇の模様2

参加した児童・生徒たちは「原爆のことが勉強できた。知らなかったことが朗読劇を通じて学ぶことができた」「当時の子ども達の思いをどのように表現することができるか考えて朗読した。

平和な日本が続くように私たちが伝えていかなければならないと思った」と話してくれました。

朗読劇参加者の集合写真

お問い合わせ

宮代町役場総務課人権・男女共同参画担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線210(2階10番窓口)

ファックス: 0480-34-7820

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?