ページの先頭です
メニューの終端です。

市民大学みやしろ レポート-3【平成26年度】

[2016年12月1日]

ID:1362

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市民大学みやしろ 子どもDIY教室

3月14日(土)坂巻材木店の作業場(逆井地区)で市民大学みやしろ「子どもDIY教室」を開催しました。市民大学みやしろは、市民の皆さんが知りたい、やってみたいと思うことを、市民自身が教えあい、学びあえる場として、平成24年度からスタートした事業です。

今回は、昨年5月から市民大学の木工講座に参加し、木工の技を磨いてきた4人の匠たちが講師を務めた、市民大学として初の小学生対象の講座で、9人の元気な子ども達が集まりました。

坂巻さんの木のお話を聴く子ども達の写真
匠の先生から道具の使い方の説明を受ける子ども達の写真

最初は、坂巻材木店の坂巻繁一さんによる「木のふしぎ」のお話です。木には針葉樹と広葉樹の二種類があることや、高血圧やストレス・疲れを癒す効果があることなど、木の特質や、人間に与える効能などについて学びました。

続いて、本棚作りです。木工の基本である、「のこぎりで切る」「クギ打ち」「キリもみ」の練習に続いて、本番の作業です。釘を打つ場所に鉛筆で印を付け、キリで下穴を開けて、クギを打っていきます。練習の成果が出て、みんな作業はとてもスムーズ。1時間ほどの作業で、カッコいい本棚が完成しました。中には自宅から本を持参し、できあがった本棚にさっそく並べて満足そうな子もいました。

クギ打ちの練習をする子ども達の写真
ノコギリの練習をする子ども達の写真
作品作りに集中する子ども達の写真
作品作りに集中する子ども達の写真1
作品作りに集中する子ども達の写真2
作品作りに集中する子ども達の写真3

教室の締めくくりに、講師の先生から「この場に集ってくれた、皆さんのヤル気がとても素晴らしいです」「皆さんと一緒に楽しく作業することができて、私たちも元気をもらいました」とメッセージが贈られました。また、参加した子どもたちからは「DIYがとても楽しくて家でもやってみたいと思いました」「木についていろいろ分かったことがあってよかったです」「道具を使っていろいろな作業ができて楽しかったです」などの感想が寄せられ、木に親しみをもち、ものづくりの楽しさを実感できたようです。

完成した本棚の写真
参加者と先生で一緒に記念写真

お問い合わせ

宮代町役場教育推進課生涯学習・スポーツ振興担当(生涯学習分野)

電話: 0480-34-1111(代表)内線433、434、435(2階17番窓口)

ファックス: 0480-34-4152

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?