ページの先頭です
メニューの終端です。

市民大学みやしろ レポート【平成25年度】

[2016年12月1日]

ID:1359

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市民大学みやしろ 第2回パイロット事業

11月12日(火)、市民大学みやしろ第2回講座「お洒落棚づくり&大工さんの快適生活講座」が行われました。今回の講座は、第1回講座の参加者からいただいた『こんな講座をやってみたい!』という意見をもとに実現したもので、講師に宮代町で工務店を営む(萩原建設)萩原健司さんをお願いしました。

前半は【お洒落お支度棚づくり】で、萩原さんの指導を受けながら木工に挑戦です。

『子どもが学校に行く時の必要なものを整理できる棚にしようかな?』『趣味の裁縫の糸を整理できる棚にしようかな?』などなど、それぞれのライフスタイルに合わせて、思い思いのデザインを考えます。

デザインが決まるとさっそく作業開始です。『のこぎりは歯の全体を使うように動かして切りましょう』『釘は3回ぐらいで打ち付けるイメージで打つと良いでしょう』など大工さんならではの指導のもと、ギコギコ・・・コンコン・・・木が加工されていく心地よい音を響かせながら、2時間程度で作品が仕上がりました。同じ材料を使用しているのに、できあがった作品は人それぞれ。個性あふれるステキな棚ができあがりました。

棚作りの後は【住まいの知恵講座】で、省エネルギー基準を満たした家づくりについてお話がありました。家作りについて、建物の外皮性能だけでなく設備や機器でも高い省エネ性能をあわせ持つ、環境への負荷の少ない住宅が注目されており、将来は義務化の方向で進められているそうです。

最後に、『みなさんのアイディアがものづくりの原動力になります。色々な声を聞かせてください』とお話がありました。

終了後のアンケートでは『楽しかったです。また、もっと作ってみたくなりました。』や『次はこんな講座をやってみたい!』などの感想が寄せられました。「市民大学みやしろ」は市民の皆さんが、楽しい・知りたいと思うことを市民自身が教えあい、学びあう姿を目標にしています。これからもそういった講座の企画をしていきますので、興味のある方のご参加をお待ちしています。また、希望する講座などがありましたら、ぜひ生涯学習担当(0480-34-1111・内線434)までご意見をお寄せください。

講師のお話を聞く参加者の皆さんの写真

講師を務めたのは、宮代町で工務店を営む萩原さん(写真右)

作業中の写真1

ロの指導を受けながら、本格木工に挑戦です

作業中の写真2

完成イメージを描きながら、材料を加工していきます

作業中の写真3

釘の打ち方、打つ順番など、単純なようで奥の深い作業が続きます

作業中の写真4

前回講座に参加した方(写真右)も、講座のサポートに加わっていただきました

完成作品の写真

作品が完成!同じ材料を使っていても、これだけ違う形に仕上がりました

お問い合わせ

宮代町役場教育推進課生涯学習・スポーツ振興担当(生涯学習分野)

電話: 0480-34-1111(代表)内線433、434、435(2階17番窓口)

ファックス: 0480-34-4152

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?