ページの先頭です
メニューの終端です。

平成27年度 子ども大学みやしろ 講義風景

[2016年11月4日]

ID:1351

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

気分は大学生!いろんな“不思議”や“本物”に触れた4日間

9月、10月の4日間、日本工業大学などを会場に、子ども大学みやしろが開催されました。子ども大学は、小学4~6年生を対象に、高度で専門的な知識や技術、お仕事(お金を稼ぐこと)の裏側などを『先取り』学習することで、将来への具体的な夢や希望へとつなげてもらうため、日本工業大学と町教育委員会が主催するものです。今回参加したのは、宮代町の小学生52名。普段の学校や日常生活ではふれることのできない、化学や物理、職業体験などを学びました。

初めて触れるものや実験・体験の数々に、子ども達の気分はすっかり大学生。色々な不思議や本物に触れ、将来への夢と憧れを膨らませた4日間となりました。

1日目(9月12日) 入学式&化け猫は怖いけど化け学は怖くない

初日(9月12日)は、入学式に続いて、化学の実験です。水素と酸素の化学反応で水を生成する「爆鳴気」という実験では、反応の時の「パン!」という大きな爆発音に、みんな大興奮。併せて行ったDNAの分子模型づくりともども、化学の世界の面白さや奥深さを感じることができました。

参加者の集合記念写真
学生代表あいさつをする木村さんの写真
水の化学反応について講義を受ける子どもたちの写真
化学実験に挑戦する子ども達の写真1
化学実験に挑戦する子ども達の写真2
化学実験に挑戦する子ども達の写真3
DNAについて講義を受ける子ども達の写真
DNA模型づくりに挑戦する子ども達の写真

2日目(10月3日) 家庭でつくれるエコグッズ

2日目(10月3日)は、家庭でつくれるエコグッズ工作です。学生環境推進委員会の大学生のお兄さん、お姉さんが先生となって、日常生活の中にある環境汚染について学んだあと、牛乳パックを使った立体カードや、アクリルたわしづくりに挑戦しました。

環境保護について講義を受ける子ども達の写真
大学生とゲームに挑戦する子ども達の写真
工作を楽しむ子ども達の写真1
工作を楽しむ子ども達の写真2
完成した牛乳パックカードの写真
完成したアクリルたわしを持って記念写真

3日目(10月17日) 和菓子づくり体験

3日目(10月17日)は、新しい村に会場を移しての講義です。宮代町の和菓子店、風月堂の武笠さんによる和菓子づくり講座を行いました。伝統的な和菓子づくりの技術を学び、自分で手作りした和菓子を試食。食を通じて人を感動させることの楽しさ、難しさを学びました。

武笠さんから手ほどきを受ける子ども達の写真
和菓子づくりに挑戦する子ども達の写真1
和菓子づくりに挑戦する子ども達の写真2
和菓子づくりに挑戦する子ども達の写真3
和菓子づくりに挑戦する子ども達の写真4
和菓子を試食する子どもの写真

4日目(10月24日) 光のふしぎな世界&修了式

4日目(10月24日)は、光の実験と工作です。虫眼鏡やLEDライトを使って、光を曲げたり、色を混ぜたりして、光の特性について学んだり、世の中で活躍する光を活用した機械や器具の基本原理を体験しました。

光の特性について先生の講義を受ける子ども達の写真
光の特性を体験する実験の写真
虫眼鏡で実験を楽しむ子どもの写真
LEDライトの工作に挑戦する子ども達の写真1
LEDライトの工作に挑戦する子ども達の写真2
LEDライトの工作に挑戦する子ども達の写真3
修了式であいさつする依田さんの写真

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?