ページの先頭です
メニューの終端です。

平成28年5月 サロン訪問~月曜くらぶ(大学生との交流)~

[2017年8月29日]

ID:777

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

みなさん、こんにちは!サロン特派員です。
今月もサロンを訪問してきました。
今回は宮代台で活動している「月曜くらぶ」です。
「月曜くらぶ」はサロンを7年近く運営し、地域に寄り添い、自治会の理解を得ながら、少しずつ、つながりを広げてきたサロンです。
今回は日本工業大学生活環境デザイン学科の3年生7人と先生2人が訪問するということで、特派員も急いで取材依頼し訪問しました!

大学生との交流の様子1

なぜ、学生が訪問することになったのか、まずは簡単に経緯をお伝えしますと、7名の学生は介護保険サービスを提供する施設の設計について勉強しています。
その中で、施設にはどんな人が利用するのか、その施設のある地域の理解をどうやって得ているのか、施設を造るだけでなく、施設を十分に活用してもらうにはどうしたらいいのかというところまで踏み込んで話し合っているそうです。
そこで、学生から普段、地域とつながり、支えあいながら生活している高齢者とお会いしたいという熱烈な希望があり、「月曜くらぶ」に相談したところ、今回のサロン訪問が実現したそうです。

デザートの写真

当日のデザートは、アールグレイ(紅茶)のゼリーとコーヒー。おいしかったです!

昼食時間からの訪問でしたが、特派員が到着したときには、学生とサロン参加者は食事をとりながら、楽しくお話していました。
「月曜くらぶ」に来る参加者は90歳を超えている方、認知症の方、いろんな方がいらっしゃいますが、ここに来るのを毎週楽しみにしているそうです。
特に今日は若い学生たちが来るということで、いつも以上に笑いの花があちこちで咲いておりました。
特派員もデザートをごちそうになり、先生とお話していると…。
歌の時間の様子

オカリナを持ったスタッフからの「いつもの歌の時間ですよ~!」という声で、そこから昔の懐かしい歌をみんなで歌いました。
素敵なオカリナの音色に乗せて、さっきまでの話してた声以上に大きな声で歌う様子に特派員もびっくりでした!
最初は歌だけでしたが、そのうち踊りを披露してくれる方がいたり、参加者、学生、先生みんなでハワイアンな飾りを着けて踊ったり、楽しいひと時を過ごしました。
特派員も盛り上げ役の一人として、お役に立てたでしょうか。

大学生との交流の様子2

2時間くらいの滞在でしたが、あっという間に過ぎ、学生たちはまた授業へと戻られました。
帰り際に学生に聞いたところ「今までこういう機会や体験はしてこなかったので、訪問してよかった」と話していました。
先生からも「地域ぐるみでこのような取組みをされていて、高齢者を支える地域連携の仕組みづくりの1つとして、とても参考になった」とお話されていました。

※宮代台自治会館で開催している「月曜くらぶ」は、毎週月曜日午前10時~15時まで行っています。
参加対象者も限定していないので、ご興味のある方はぜひ1度足を運んでみてはいかがでしょうか。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?