ページの先頭です
メニューの終端です。

宮代町環境資源調査~宮代町の小生物~ はじめに

[2016年11月1日]

ID:513

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

田園風景の写真

豊かな自然環境・うるおいのある田園風景は、宮代町の貴重な財産であります。平成10年3月作成の「宮代町環境資源調査」をもとに作成しました。

私たちが現在営んでいる生活様式は、自然界から限りなく採取した資源やエネルギーを大量に消費し、排水、排気ガス、ごみなどを大量に排出するもので、私たち人類だけでなく、生物全体の生存を支える環境にも大きな負荷を与えています。このような生活様式を続ければ、いずれは身近な生活環境の悪化を招くばかりでなく、豊かで貴重な自然環境が失われてしまいます。宮代町がもっている豊かな環境を後世に残していくには、私たちの環境に対する意識を高め、町ぐるみで快適な環境づくりに取り組まなければなりません。

平成7年に行った住民意識調査では、約8割の町民が宮代町に定住意向を示し、町の環境に対する満足の度合いの高さを示しています。また、約4割の町民ができる限り緑を残していきたいという意識を持っています。

こうした背景を踏まえ、平成8年度より平成9年度にかけて、町民参加型による宮代町環境資源情報調査を実施して参りました。この調査で得られた結果から、宮代町には、まだ多くの恵まれた環境資源が残されていることがわかりました。そこで、宮代町の自然環境を支えていくうえでの貴重な基礎資料として、この環境資源情報を活用していきます。

調査様子の写真

(写真左 町民参加で行われた調査の様子)

なお今後は、まちづくりの基本的な方針である『水面に映える文化都市』という将来像を目指していくため、町民の積極的な参加を求めた環境に配慮していく社会の構築を図っていきます。そして、国や埼玉県の計画・条例などに基づいた、総合的な環境政策の指針となる環境基本計画の策定や環境基本条例の制定に向けて準備を進めて参ります。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?