ページの先頭です
メニューの終端です。

公共施設再編 第1期計画(H23-27)

[2011年12月1日]

ID:471

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

公共施設再編の実行計画

公共施設が更新を迎える時期は今後10年、20年先ですが、そのための準備は今から進めていかなければなりません。町では公共施設の機能と役割の再編を第4次総合計画の柱のひとつに位置づけていますが、これを着実に実行していくため、「実行計画」に位置づけ5年ごとの工程と成果指標を示しています。

宮代町第4次総合計画・前期実行計画

  1. 学校施設の再配置計画策定
     平成30年代に到来する、小中学校校舎の建替えに備えて、「学校数」「規模」の見直しを行います。
  2. 施設長寿命化計画策定
     宮代町のシンボルとも言える建築物「進修館」「笠原小」を未来にわたり維持し続けるための診断と改修計画をつくります。
  3. 施設機能転換
     民間企業のノウハウやアイデアを活用して、公共施設の機能転換を図ることで、管理運営コストの削減を目指します(公民連携)。
  4. 大規模施設の借地解消
     公共施設の経常コストのひとつ「借地料」の解消を図ります。

お問い合わせ

宮代町役場企画財政課対話のまちづくり推進担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線214(2階11番窓口)

ファックス: 0480-34-7820

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?