ページの先頭です
メニューの終端です。

2012 山崎山キノコ観察会 ~五楽体験事業第8弾~ が行われました。

[2012年10月22日]

ID:420

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

山崎山 キノコ観察会 ~五楽体験事業第8弾~ が行われました。

10月21日(日)、五楽体験事業第8弾として、緑のトラスト5号地の山崎山に自生するキノコの観察会が行われました。
子どもから大人までキノコに興味を持った30人ほどの方が参加しました。

集合
先生の説明1

はじめに埼玉きのこ研究会会長の福島隆一氏にキノコについての説明を受けた後、山崎山へキノコ取りに出発です。
参加者は山崎山を巡りながら約1時間ほどかけて採取を行いました。

先生の説明2
キノコ採取
ヒラタケ
センベエダケ

採取したキノコについての学習タイムでは、新聞紙の上にキノコを並べると、キノコに福島先生が名札を置いていきます。参加者の皆さんは日ごろ見慣れないキノコ達に興味津々。

参加者が取ったキノコ1
参加者が取ったキノコ2
参加者が取ったキノコ3
参加者が取ったキノコ4
参加者が取ったキノコ5
参加者が取ったキノコ6

今回はおよそ30種類ほどのキノコを取ることができました。日ごろ見覚えのあるものもありましたが、ほとんどは説明を受けなければ名前がわからないキノコばかり。それどころか説明を聞いてもキノコだとは思えないようなものもたくさんありました。そして毒キノコについての説明。福島先生からは白くて、カサがあって、ツボがあるキノコはほぼ毒キノコですと教えていただきました。
参加者の一人からは「山崎山にこんなにたくさんのキノコがあると分かって驚きました。」との感想をいただきました。キノコについて改めてたくさん学ぶことができて、皆さん満足の様子でした。

山崎山のキノコいろいろ
ゴムタケ

※山崎山でとったキノコは食べないでください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?