ページの先頭です
メニューの終端です。

消防団統一訓練が実施されました

[2016年11月24日]

ID:398

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます


「緊急走行時の留意点について」の講習

7月3日、宮代消防署において、消防団統一訓練が実施されました。統一訓練は、町内の全消防団員と災害時支援隊とで合同で行われ、多くの団員・隊員が参加しました。はじめに、埼玉県杉戸警察署 交通課 荒木信博氏を講師として、「緊急走行時の留意点について」の講習があり、道路交通関係法令及び緊急走行の基本原則を実際に走行する際や現場での注意点を中心に講義が進められました。緊急走行中の消防車両は、ひとたび事故を起こすと、その緊急用務の達成が望めないばかりか、社会の厳しい批判を受け、町民の信頼を損なう結果を招くことにもなります。そのような事のないように今回の講義は非常に意義深いものとなりました。


礼式訓練

今回の訓練では、2人の新入団員に宮代消防署職員による礼式訓練が行われました。基本の姿勢、休めなどの姿勢は部隊行動において最も基本となる姿勢となります。消防団活動の基礎をしっかりと身に着けられるよう、真剣に取り組んでいました。

実技訓練は、「エンジンカッター」の取り扱い方法が実施され、その操作方法、現場での安全管理上の注意について消防署職員から指導を受けました。エンジンカッターは緊急時に車両や建物に取り残された人を救助するため、車両・建物を切断するものです。本年度、宝くじの社会貢献広報事業として、宝くじの受託事業収入を財源としているコミュニティ助成事業を活用した消防団活動備品として「エンジンカッター」を第1~6分団に全6台が購入され、これを使用した訓練となりました。

エンジンカッター
実技訓練

お問い合わせ

宮代町役場町民生活課生活安全担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線276、277、278(2階15番窓口)

ファックス: 0480-34-1093

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?