ページの先頭です
メニューの終端です。

健康診査・人間ドックの補助金について

[2020年4月1日]

ID:331

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

健康診査

後期高齢者医療制度加入者の健康の保持増進を図るため、町では健康診査を実施します。対象者には町から「健康診査受診券」をお送りします。詳しい日程などは受診券に同封の案内をご覧ください。

健診項目

質問票(服薬歴、喫煙歴など)、身体測定(身長・体重、BMI、腹囲)、血圧測定、理学的検査(身体診察)、検尿、血液検査(尿酸値、血清クレアチニン、貧血検査含む)、心電図検査

受診方法

集団健診か個別健診のいずれかを選んで受診してください。費用は無料です。
受診するときは、「健康診査受診券」と「保険証」を持参してください。受診券を紛失したときは再発行できますので、国保・後期担当までお越しください。

集団健診(受診場所:保健センター1階)

専用電話で予約をして受診します(令和2年度から、保健センターの1階のみで受診できるようになりました)。

健康診査と同時に胃がん検診・肺がん検診(無料)を受診することができます。

令和2年度の日程

  • 予約期間:8月24日(月)~8月28日(金) 9時~16時  予約専用ダイヤル:0480-33-6464
  • 実施時期:10月1日(木)~10月7日(水) (土日含む)

 

個別健診(受診場所:宮代町・久喜市・蓮田市・白岡市の指定医療機関)

指定医療機関に直接予約をして受診します。

個別健診と同時に町の胃がん検診・肺がん検診を受診することはできません。

実施時期:決まり次第お知らせします。


人間ドックまたは脳ドックの補助金制度

後期高齢者医療制度加入者が人間ドックまたは脳ドックを受診した場合、年度内1回27,000円を限度に費用を補助します。ただし、上記健康診査を受けた場合の補助額の限度は17,000円になります。

※令和2年度から、MRIなど脳ドック固有の検査項目のみの脳ドックは補助金の対象外となりました。詳細は下の「申請の流れと注意事項」をご覧ください。

対象者

次の要件をすべて満たす方

  • 人間ドックまたは脳ドック受診時に後期高齢者医療被保険者であること
  • 申請時に納期の到来した後期高齢者医療保険料を完納していること
  • 人間ドックまたは脳ドックを受診する年度において「宮代町国民健康保険総合健診補助金交付要綱」(国民健康保険の人間ドック・脳ドック補助金制度)に基づく補助を受けていないこと

申請の流れと注意事項

  • 人間ドックまたは脳ドックを受診後、下記の書類を持参の上、国保・後期担当で申請してください(受診前のご連絡等は必要ありません)。
  • 医療機関の指定はありません。下表の必要項目を満たした人間ドックまたは脳ドックが補助対象です。
  • 脳ドックの場合、下記の共通項目と脳ドック固有の項目を両方満たす内容である必要があります。脳ドック固有の項目のみのドックは補助金の対象外ですが、同じ年度内に町の健康診査を受診している場合は、17,000円を上限として補助金が申請できます。
人間ドック・脳ドック共通項目
検査項目検査内容
問診服薬歴、飲酒喫煙習慣など既往歴の調査
理学的検査身体診察(視診、触診など) 
身体測定身長・体重・BMI
腹囲腹囲の測定(内臓脂肪面積の測定でも可)
血圧測定収縮期血圧、拡張期血圧
肝機能検査AST (GOT)・ALT(GPT)・γ―GT(γ―GTP)
脂質検査中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール(Non-LDLコレステロール)
血糖検査ヘモグロビンA1c又は空腹時血糖(随時血糖)
尿検査尿糖・尿蛋白
脳ドック固有の項目
検査項目検査内容
頭部MRI検査脳の断層
頭部MRA検査脳血管
頸部血管超音波検査頸部血管超音波検査・血流速度の計測

申請時にお持ちいただくもの

領収書、受診結果表、印鑑、保険証、口座番号のわかるもの(通帳など)、健康診査受診券(7月以降申請の場合)

窓口でご記入いただくか記入してお持ちいただくもの

補助金の申請書を国保・後期担当窓口で配布しています。以下のファイルをダウンロードして使用していただくこともできます)

注意事項

必要項目

お問い合わせ

宮代町役場住民課国保・後期担当

電話: 0480-34-1111(代表)内線314、315、316、317(1階5番窓口)

ファックス: 0480-34-3396

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


健康診査・人間ドックの補助金についてへの別ルート